キャッシング会社の審査基準

キャッシング会社の審査基準

Posted tuskmvd580 0

はじめてカードローンに申し込みを考えている人は、不安や疑問点も色々あるのではないでしょうか。
特に審査については分かりづらい点も多く、申込みを躊躇してしまう人も少なくありません。
そこで審査の仕組みや注意点についてご説明します。

カードローンの審査とは?

カードローンを新規で利用する場合、必ず審査を受けなければなりません。
ただし初回審査に通れば、あとは借り入れのたびに審査を受ける必要はありません。
利用限度額の範囲内で繰り返し借り入れが可能なので大変便利です。
手をあげている女性
またカードローンは担保や保証人不要で借りられることが最大のメリットの一つです。
手軽にお金を借りられる便利さが魅力である分、初回の審査がより重要な意味合いを持つことになります。

借入審査はカードローン会社によって独自の審査基準が設けられていますが、その詳細な内容というのは明示されているわけではありません。
ただ各社で共通しているのは、審査で重視されるのは申込者の返済能力と信用度だという点です。

このポイントを踏まえておけば、申し込みに際しての心構えができてきます。

返済能力

返済能力というのは借りたお金を返済するだけの経済力が備わっているかどうかです。
お金を融資しても返してもらえる見込みがない相手には貸してくれません。

具体的には年収や勤務先、雇用形態や勤続年数といったさまざまな情報から返済能力を見極めていきます。
申込書の申請内容からこれらのポイントについてスコアリングを行い、その結果から融資の可否を判断します。

信用度

審査では個人信用情報を照会し、金融履歴を調べます。
過去一定の期間を遡って現在に至るまでの借入状況や返済状況について問題ありと判断されると審査通過は難しくなります。
特に何らかの事故情報がありブラックリストに名前がある人については、その時点で審査の通過の可能性はなくなります。

カードローンは利用者の信用を担保代わりに融資を行うので、自己破産や度重なる延滞などの事実は信頼を大きく失い、審査に不利な材料となるのです。

また信用情報において他社借入が判明した場合、件数や金額によっては審査に通りにくくなることがあります。

特に消費者金融では総量規制対象となるため、総額で年収の1/3を超える借入れの場合は融資不可となります。

審査を受ける前に

カードローンを検討する際には以上の点をチェックし、自身の状況を再確認してみましょう。
場合によっては自分の信用情報について開示手続きをしたり、他社の借入れ分で返済できるものは完済しておくことも必要になります。

また申込書を記入する際には十分な注意をはらう必要があります。
審査の段階で申込内容に虚偽や間違いが見つかると、審査落ちする可能性が高くなります。
専業主婦でも審査に通るカードローンに申し込めば働いていない主婦でもキャッシングが可能です。
申し込む前に専業主婦でも借りることができるのか確認しておきましょう。